« 祖母ログってご存知? | トップページ | 堺ハーベストの丘に行って来た!① »

2008年3月14日 (金)

『安い』と『リーズナブル』について


先日、仕事の同僚と飲みに出掛けた時のお話です。

場所は、仕事をしている所の近くにあるレストランバーです。

最近になって、よく顔を出すようになった店なので、

お店のスタッフともボチボチ顔見知りになってきた頃でした。

その日は、二人で入ったのですが、飲み物とオーダーを

通して、しばらく二人で仕事についていろいろ話していると

店のスタッフが、私たちのテーブルに寄って言いました。


ス:「お飲み物、どういたしましょう。」


私のグラスが空に近かったのを見て、オーダーを取りに

来てくれたのでした。


私:「じゃあ、ジンライムおかわりください。」

同:「じゃ、僕はウィスキーベースでなにか。」

ス:「かしこまりました^^」


ここまでは、いつもと変わらない応答でした。

その後、スタッフのお兄ちゃんがこう言ったんです。


ス:「もしよろしければ、xxxはいかがですか。」

ス:「新メニューで、お値段もリーズナブルですよ。」


その新メニューの名前は忘れちゃいましたが、私と同僚は

「じゃあ、お願いします。」と快く承諾した。

『チーズ盛り合わせ』が、約1,000円するその店で、

新メニューは確かに安かった。500円程度でした。

ほどなくして、飲み物とお皿が運ばれてきた。


スモークサーモンとオニオンスライスが中央に盛られていて、

黄色のパプリカのコンカッセが散りばめられていて、

オリーブオイルが軽くかけられていた。

いわば鮭のカルパッチョのようでした。

テーブルへ運んできたスタッフの兄ちゃんは、言いました。


ス:「定番化するかどうか、試験的にお出ししています。」


なるほど、新メニュー開発はお店にとっては重要な事だと

理解した私でした。

私も学生時代に、ホテルの厨房で2年間ほど勉強がてら

アルバイトした経験もありますので、そこらへんの事情は

よく分かったんです。

で、同僚と二人、早速食べてみることに。


不味かった。。。(-公- ;)


調理に手の掛からないこういう料理はハズレが無い。

というものだが、美味しくなかった。

調理に技術を必要としない料理が不味い理由はただ一つ。

使っている食材が、良くないって事だと思う。

私だけかと思えば、同僚もコメントに困っていた。

まあ、味の好みは人それぞれ。美味いという人もいれば、

不味いという人もいる。味の結果は問題ではない。


スタッフはこう言った。リーズナブルだと。

ここで間違えないで欲しい。(個人的意見ですが。。。)

安い=リーズナブルでは無いっ!!

しかも、それを判断するのは、お客サイドだと私は思う。

例えばですね、高級ステーキハウスに行ったとする。

松坂牛の中でも、牛一頭から1kgしか取れない部分を

調理してもらって、150gで2万円したとしましょう。

これ、高いですか?安いですか?

値段は高いがリーズナブルだと私は思う。

単純な金額の大きい小さいではなく、その商品に対する

支払う金額として納得できるかどうかなんですよ。

正直、500円でしたが損した気分になりましたね。。。

まして、試験的に出すなら料金発生するかどうかってトコも

気になる点でした。(タダにしろとは言いませんが。。。)


これがきっかけで、少し印象悪くなりましたが、気に入ってる

お店なんで、これからも利用したいとおもってます。。。

|

« 祖母ログってご存知? | トップページ | 堺ハーベストの丘に行って来た!① »

徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『安い』と『リーズナブル』について:

» エンタメ・ヘッドライン 最新ニュース [エンタメ・ヘッドライン 最新ニュース]
視点が面白くて参考になりました。また読ませてもらいます! [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 10時16分

« 祖母ログってご存知? | トップページ | 堺ハーベストの丘に行って来た!① »