« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月19日 (火)

お盆になると考える。。。


お盆になると毎年、思う事がある。

年に一回の行事である。無理な注文と分かっているが。。。



ウチの実家は、親戚付合いが頻繁ではなかった。これは、

母方の親戚の多くが、父親を敬遠していたから。。。

父親の実家も、色々とややこしい人間関係があり、ほとんど

付き合いが無かった。物心ついた頃には、この環境にあった。

私にとって家族とは、両親と兄姉だけの小さい世界だった。

そのうちに、兄や姉が実家から出て生活を始め、私も結婚し

次第に家族全員が集まる事は稀になった。


ところが、3年前に父親が病気で亡くなった時。

残った家族は、本当の家族の大切さを学んだと思う。

一度は離れた家族が、それまで無かった程に結束した。

母親を中心として、私の家族を含めた新しい家族で出掛け

たり食事したりする機会が増えた。

「お父さんが亡くなる前に、もっと旅行でもしてれば・・・」

そんな言葉が、よく母の口から漏れるようになった。


最初は、父に先立たれた母に寂しい思いをさせない為という

気持ちから始まった。けれども、家族が集まるという行為は

次第に私自身の心を満たしてくれるようになった。

私の娘たちにとっても、家族とは父と母、姉妹といった小さな

世界にしてもらいたくない。彼女たちには、私の両親や兄弟を

いつまでも記憶に残しておいてもらいたい。


家族がリスタートして数年が経ち、今年。母が亡くなった。

私の中の家族という定義において、中心であった両親が亡く

なり、心にポカンと穴が開いたような気持ちであった。

今年は、母の初盆。去年の盆よりも一人少ない形で迎えた。

(墓参りは毎月行なっている。なんだか落ち着かないから)

私は父も母も大好きだった。

両親との付き合いは、兄や姉に比べれば一番短いが。。。

生きている間に親孝行が出来たかどうかは分からない。

考え始めると、『もっとこうしておけば…』というような

後悔の気持ちはいくらでも湧いてくる。きりがない。

冒頭の言葉を、もう一度繰り返す。


お盆になると毎年、思う事がある。

年に一回の行事である。無理な注文と分かっているが。。。



会話は出来なくてもいい、5分でいいから会いたい。



そうすれば、また一年。頑張れるような気がするのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

子の誕生と親の義務


■今回の記事について■
 私個人の考え方・感じ方により書かれております。
 当記事により、ご不快な思いをされるかも知れませんが、
 ご容赦下さいますよう宜しくお願いいたします。


守口市乳児殺害事件と呼ばれる事件をご存知でしょうか。

事件の大まかな概要は、以下のような感じです。

民家に強盗が侵入、生後18日の乳児を殺害し出産祝金

を強奪し逃走。母親は粘着テープで拘束されていた。

事件後、母親は飛び降り自殺。22歳という若さであった。

この悲惨な事件に、新たな事実が警察より発表された。


『事件は、自殺した母親による狂言』



子供を産み、育てるという事に、とてつもないプレッシャー

を感じていたのだろうか。

自殺した母親は22歳。父親は22歳の大学生だという。

何故、産んだのか?堕胎という選択肢もあっただろう。

それでも出産したのは、本人の意思、または親族の意思も

あったのだろうか。

いずれにしても、その結末は最悪のものとなった。



私が父親になったのは、25歳のとき。

会社に勤めて、3年が経過した頃だったと思います。

私の場合、俗に言うできちゃった婚でした。

嫁さんとは、既に10年の付き合いであり、彼女との結婚に

ついては十分に意識していました。

それでも、子供が出来た知らせを受けたときは、正直なところ

すごく動揺しました。

それは、子供を持つという事 = 重大な責任を伴うという

考えがあったからです。

「果たして自分の安月給で、生活できるのか?」

「自分は父親として、本当にやっていけるのか?」

『子供を産む。親になる。』ということは、とても簡単に

出来てしまいます。ところが、

『子供を育てる。親の義務を全うする。』となると、そう

簡単に出来る事ではありません。

子が出来れば、親になったというものではないのです。



自殺した母親は、生後間もない我が子の口を、粘着テープで

塞いで窒息死させたとの事。

自分自身、苦しんで産み落とした我が子の命を、幼く身動き

出来ない我が子の命を、酷い手段で絶った母親。

その上、偽装強盗を計り、自身に罪が及ばないようにする等、

もはや母親云々よりも、人として許せない行ないである。

勝手な親の都合で命を与えられ親の都合で命を奪われる

子は親を選べないとはいえ、あまりに可哀想である。



ここ数年、こういった子供に関わる理不尽な事件が増えたよう

に思う。それは、私に子供が出来て、このような問題に関心を

寄せるようになり、過去のこういった事例に気が付かなかった

だけかも知れないが。。。

今の人間は、もっと命について考え直す時ではないかと思う。

それは大人だけではなく、小さい子供の頃から教えるべきだと

学校教育の中に取り入れるべきだと、私は思います。


私には何ら関係の無い事件ですが、死んでしまった今なお、

この母親を許す気持ちにはなれない私です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

祝!10,000カウント!


おかげさまで、当ブログも10,000カウントを達成

することが出来ました。

SEという職業に就きながら、「ブログってどうやるの?」

と、まるっきりの素人状態から始める事、およそ半年。。。

どうにか今まで続ける事が出来ました。たいした記事をUP

している訳ではありませんが、ちょくちょく遊びに来ていた

だいている皆様のおかげです^^

とりあえず、特に10,000カウント記念に何か企画する

という事は考えていないのですが(思いつかない。。。)、

これまで通りにおもちゃ育児に関する記事をUPして

行きたいと考えております。

これからも、よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

娘からの誕生日ケーキ


ブログの紹介文にもあるように、私は31歳。

先月の4日を以って、31歳になったばかりである。

7月生まれが多い我がファミリーは、私の兄を含めて3人

まとめて誕生日パーティを行った。先月の20日の話。

8月になり、もう誕生日の事など過ぎた話と思っていたが、

上の娘から(今になって)思わぬ祝福を受けた。

娘:「とーちゃん、誕生日おめでとうー!」

私:「???」

なんでまた、今更?と戸惑っている私の前に、彼女が

差し出したものは。。。



リーメントのバースデイケーキ(ミニー)
Re-mentのバースデイケーキ(ミニー)



ちゃんと、ロウソクも『31』になっていた。

どうやら、お祝いってワケでもなく、バースデイケーキの

オモチャが嬉しくて、誰かにはぴばすでぃを言いたかった

だけの様子 ^^;;

それでも、嫁さんや妹、自分自身でなく私を選んでくれた

ことには、密かにガッツポーズをとる私でした ^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

はははは歯♪ その2


今、歯医者さんに通っている事は以前に書きましたが、

その先生もブログを開設してらっしゃいます。

なんで知ったかというと。。。


受付横でバッチリCMしてるから^^


以前、ブログにお邪魔して、コメントを残しました。

先生も、履歴から私のブログを見にいらっしゃいました^^

ウチの駄ログに興味を持っていただいたようで、

先生:「ブロックで、怪獣とか作られるんですね^^」

と、声を掛けてもらったり。ちょっと嬉し恥ずかし

それからというもの。。。治療の話の端々で、



先生:「ブログにも書いてらっしゃいましたが。。。」



という言葉をよく口にされます^^;






ちょっと、恥ずかしい。。。 (ノε`*)ノ






私の駄ログに興味を持ってもらえたのは嬉しいのですが、

今後の治療のスケジュールなど話されるときに、



先生:「ブログにも書いてらっしゃいましたが。。。」



と言われると。。。ちょっと恥ずかしい。。。(ノε`*)ノ

なんとゆーか、顔も知らない不特定多数の人に向けて記事を

書いているのがブログ。それを、とても身近にいる人から

「見たで ^^」みたいになると。なんかこそばゆい^^;



とまあ、そんな先生の歯科医院で、いろいろ貰って帰ることが

多いのですが。。。そのひとつがコレ↓


でっかい歯の形したフロス①
でっかい『歯』のカタチをした。。。


でっかい歯の形したフロス②
デンタルフロスでした^^(しかもミント風味)


使うのがもったいないので、大事にしまってます ^^;

すんごいフロスの意味ないですけれど。。。^^;;;

コレを頂いた前々週には、子供に消しゴムを頂きました。

一つは『パフェ』、もう一つは『ポテト』の可愛いヤツ ^^

治療に通ってんだか、なんか貰いに通ってんだか ^^;;

今度、私の方からなにか持って行こうかと思っとります。

喜んでもらえそうなら、コレかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »